● お墓と巨樹。

 ◆ 三重県
 いなべ市のケヤキ
お墓は古い。
比較的新しい時代まで土葬が行われていた様子が伺えた。
確証はないが・・・
 
ケヤキの樹令も若そう。 ケヤキが後だろうか。
 大安町のヤマザクラ
大安町のヤマザクラ(2本)
 四日市市水沢町のスダジイ
四日市市水沢町のスダジイ
 四日市市竹谷川付近のタブノキ
比較的古いお墓。

またお墓が詰まっていない??

タブノキが1本だけポツンとあり、周囲が開けているので良く目立つ。
 鈴鹿市三日市町のタブノキ
三日市駅付近のタブノキ。
 鈴鹿市甲斐町のソメイヨシノ
比較的古いお墓の割に樹木(ソメイヨシノ)は新しい。

どう考えてもサクラが後に植栽されたのであろう。
 鈴鹿市楠町南川のソメイヨシノ
あ墓も新しく樹木も新しい。

それでもソメイヨシノは後に植えられたものだろう。
 鈴鹿市楠町南川のヤマモモ
わざわざ撮影するほどの大きさでもないのだが・・・・
 
 鈴鹿市白子町 唯信寺のクロマツ
唯信寺のクロマツ

根元に大きなコブがあり、虫害を受けている。
現在は樹高は下げられ、少し小ぶりになっている。
 鈴鹿市神戸町のエノキ
神戸町のエノキ

これは枯死する前の姿で、この写真を撮影した約五年後に枯死伐採された。
 鈴鹿市高岡町(鈴鹿川沿い)のイチョウとソメイヨシノ
どちらも若い樹木
撮影するほどの価値は無かったが・・・・
 鈴鹿市岸田町のケヤキ と エノキ
鈴鹿市岸田町の ケヤキ と エノキ

合体木ではなく、直ぐ近く生育しているだけである。
  亀山市 安楽川沿いのソメイヨシノ
ソメイヨシノであることから、お墓が出来てから後に植栽されたものだとおもわれる。
その証拠?らしきものがあった。
石碑に 『明治100年記念植栽 長寿会』とあった。
明治は43年で終わっている。つまりそこから57年後の昭和42年に記念植樹されたものと推測される。

でもそれだと樹令は53年(令和2年現在)となる。
 
そんな樹齢かなぁ・・・??
途中で植え替えられている可能性も感じた。
 亀山市 中野川沿いのエノキ 
それなりに古そうな墓石も存在することから、・・・どれくらい古いかな?
エノキの幹にびっしりとツタが絡み付いていた。
 亀山市宗英寺のオオイチョウ
本来はもっと樹高の高い樹木であった。
台風で大枝が折損し、付近の家屋の屋根に突き刺さる事故が発生した。
これにより高所作業チーム(私ども)により、樹高を低く抑え
また、コンパクトに剪定を施された。
 津市久居町 玉セン寺(ギョクセンジ)の タブノキ(?だったか・・・)
玉セン寺(ギョクセンジ)の大木。・・・確か、タブノキだったような・・・

https://www.kankomie.or.jp/spot/detail_8896.html
 津市美杉町のヤマザクラ
津市美杉町のヤマザクラ
 
最近、新しく建てられたお墓もあるが、幾分と古いお墓のようである。
 津市美杉町の不明樹
津市美杉町の〇〇〇〇?
 
残念なことに樹種の記録が無い。エノキか??
お墓は比較的新しい感じがした。
 津市芸濃町の不明樹
津市芸濃町の不明な樹木・・・。
 松阪市櫛田川沿いのイヌマキ
松阪市を流れる櫛田川下流にある。

イヌマキ。樹令は比較的若そう。
 松阪市のイチョウ
松阪市のイチョウ

お墓は極最近できたものか新しい。
というこはイチョウが先であろう。

しかし・・・電柱状剪定がなされ、マッチ棒のような樹形になっていた。
 松阪市九蓮寺のタラヨウ
松阪市九蓮寺のタラヨウ
 白山町のアラカシ
白山町のアラカシ
 大台町大淵寺のスダジイ
大淵寺のスダジイ

http://urx.red/oSVQ


これは見ごたえのある大樹だ。
山から供給される水で大きく成長したのであろう。

お墓も古く大樹の生育に関係していると思われる。
 多気町付近のクヌギ?
多気町付近で通りがかりに目にした樹木。

確か・・・クヌギだったような・・・
 
記憶に定かではない・・・。
 志摩市磯部町のシダレサクラ
志摩市の古いお墓にあるシダレザクラで、『山原の長寿桜』という愛称もある。

比較的遅くまで土葬が行われていた墓地でもあり、このシダレサクラは土葬が行われなくなった影響を受けているかも知れない。
 伊勢路のヤマザクラ
ヤマザクラ
 
樹勢衰退が始まっている様子。
 南伊勢町のイチョウ
夫婦イチョウ

このイチョウに寄せられてお墓が後から作られたものと思われる。
お墓も比較的新しい。
 南伊勢町のクロマツ
おそらくこちらもクロマツがあった場所にお墓を作ったのであろう。

お墓は新しい。






このページのトップへ