.
 
 TOP >>
樹木医の道具

■ 樹木医の道具紹介!

 
 
 ● 樹木医の患者は樹木です。樹木相手にどんな道具を使っているか、
   興味はありませんか?

 ● スコップ、巻き尺、樹高計、ECメーター、pHメーター、ノミ、ハサミ、削り刀、
    炭、ハケ、双眼鏡・・・・などなど。

     一体、どのような使い方をするのでしょうか? 
     私の普段使っている道具を ご紹介いたしましょう!



● 愛車 S-MX

四輪駆動車で、ボディーは小さめ。
当たり前の話ですが、患者は事務所に来てくれません。 こちらから往診に伺うわけですが、やはり小回りの効く小さな車が良いです。
また、場合によっては山の中へも行きます。
そんな場合、二輪駆動では怖い・・・・!
● 天井のTool Box

スコップ、Wスコップ、スタッフ、ヘルメット
クワ、ツルハシ等・・・常備積載されています。
●往診カバン2つ

色々と入ってます。中身の詳細は別途説明。
●エアースコップ

強力な空気の圧力により土壌をふっ飛ばし、
穴を掘る道具です。
●生物顕微鏡

病原菌や小さな生物を目視にて確認する場合に使用します。
実はこれ、ヤフーオークションで2万円で競り落としたもの。(^_^;)
多少の難あり!ですが、十分使えます。
重宝しています。

●さて、ここからは普段持ち歩く
  カバンの中身の紹介です。


EC(電気伝導度)メーター

現場へ持っていけるコンパクトなタイプです。
pH(土壌酸性度)メーター

現場へもっていける簡易タイプです。
樹木診断をする場合、やむなく樹木に傷を付けることがあります。
そのような場合の処理に使います。
左から、トップジンM、カミキリムシ退治殺虫剤、キニヌール

傷口の保護(左と右)につかいます。
また、調査治療の段階で害虫を見つけたときに簡易に利用します。(真ん中)
ノコギリ、カマ、クマデ、移植ゴテ、剪定ハサミ、ワイヤーブラシ、釘抜き
ノミ各種、腐乱病ナイフ(左上)、藪ナイフ(中央)、ナタ(右)
木槌と手甲

樹木医の基本です。
レーザー距離計

これは使えます。従来のものは、日中などはポインタの位置が確認し難いものでしたが、これには画面上に表示されるため、昼間でも目標を見失いません。
樹高や現場での位置関係を測る場合に重宝します。

http://www.youtube.com/watch?v=GrnNc14Nhlc
高度計(気圧計)、コンパス、ルーペ、ナイフ
ストックバック、採取用小瓶

現場で樹木の葉、害虫など採取したものを持ち帰るのに使用します。
貫入鉄棒、ポンチ

ドライバーの改造(上)、コロコロの柄(中央)
ポンチ(下)は、主にマツの樹液を調べる場合にしようします。

インクリメントボア(成長錘)

樹木の幹に貫通させ、内部を調べます。
貫通することにより、樹木内部の木部を取り出せます。それをコアといいます。(写真下)
年輪の状態(成長の過程)や、腐朽の状態などがわかります。

『コア』の拡大写真です。 
スジのように見える部分が導管(水の通り道)です。
この場合は、中央が丁度年輪の中心にあたります。

マイクロスコープ(×100)(左上)
ベールマンロート(右上)
スライドグラス(左下)
ペトリ皿(右下)


線虫類を観察する場合に使います。 
先に紹介した顕微鏡と併用になります。

山中式土壌硬度計(左)とスタッカー(右)

スタッカーは樹木調査の時など印をつけて回る場合など、使用します。
木材水分計

材に含まれる含水比を調べるものです。 
水分が多い      = その枝は生きている。
水分がホトンド無い = その枝は枯れている。

しかし、まだまだデータ収集が必要です。 材の中の水分は樹種によっても違うし、まして季節によっても違います。
これからしっかりデータ収集を行い、ひとつの基準を作成したいと考えています。
ドクターウッズ(JFEシビル株式会社製)

樹木内部腐朽精密診断機器

これはすごいです! 樹木をホトンド非破壊にて、樹木の内部がどうなっているのか? を映像化する装置です。
こいつはすごい!です。 

・・・が、実はこれは掲載違反!?  レンタル品ですもの。(汗)
●整理棚

各種道具がゴチャゴチャと置かれています。
左上の虫かごは、カミキリムシを集める時に活躍します。
寒天培地(PDA)や酸性フクシンもあります。



TOP // 自己紹介 // 樹木医の仕事 // 樹木医の道具 // 診断の基本料金  // 各種お問合せ // マスメディア